雨水タンク だけ買っても無意味?! 日常や設置時に必須アイテム6選 

雨水タンク

こんにちは、福田栗作(@kurisakunchi)です。このブログでは注文住宅や雨水タンクに関する話題についてユーザー目線で解説しています。

雨水タンク買ったけど一緒に買ったほうがいいものってあるのかな、、、

この記事では以上のような疑問に、注文住宅マニアで自宅に雨水タンクを2台導入した私が日常や設置時に必要なアイテム6つ、災害時に役に立つアイテムを3つ、理由とともに紹介していきます。

雨水タンクがまだ決まってない人はコスパの良いタンク利用者目線でオススメのタンクも紹介しています。参考になったらうれしいです。

設置のときに必要なアイテム

集水器

セットで売られているものがほとんどですが、中には本体だけの製品があります。もし購入した製品が本体だけだったと気づいたら、本体だけ買っても無意味なので、雨樋から水を取り込む集水器は購入しましょう。

集水器には「初期雨水カット」機能がついているものがあります。振り始めの最初に雨樋に流れる雨水には屋根や雨樋に溜まった砂埃やごみも一緒に流れていきます。初期雨水カット機能があることで雨水タンクに流れ込む水に不純物が混ざりにくく、藻の発生や水が腐るのを防ぐ効果があります。余裕があれば初期雨水カット機能付きにすると雨水タンクの水質がかなり上がるのでオススメです。

塩ビパイプ用ノコギリ

雨水タンクの設置のときに絶対に必要になる作業が「雨樋を切る」。雨樋で使われているのは塩ビパイプなのでこれを切るためのノコギリが必要になってきます。設置された塩ビパイプを切るときは腕を上げた状態になるためすごく力が入れづらいです。私も最初に設置したときに地味に苦戦しました。なので自分で設置される方は切れ味の良いものを選びましょう。

コンクリートブロック

購入した雨水タンクに専用の台がない、架台がないというときはブロックを足場に使うと良いです。地面に直接置いた場合、水の入ったタンクの重みで沈んでしまう場合もあるので台、足場は必ず用意しましょう。また、少し高さが出るので、じょうろが置きやすくなるという利点もあるのでオススメです。

レンガ

足場にコンクリートブロックを使うと無骨でおしゃれじゃないから迷うという方にはレンガがオススメです。コンクリートブロックに比べて高さがないというデメリットはあるので見栄えをとるか、利便性を取るかは考えたほうが良いでしょう。

普段の使うときにあると役立つアイテム

じょうろ

雨水タンクの蛇口にホースを繋いで水を出そうとすると、チョロチョロぐらいしか出ません。特に水量が減ってくると勢いが弱まるのでほとんど出ません。なので、散水のためにはじょうろが必須です。

銅板・銅線

雨水タンクからボウフラがわくかもしれないという心配はよく耳にしますよね。銅イオンにはボウフラを死なせたり、ボウフラの成長を妨げたりする効果があります。銅板を入れるだけで貯留水の中に銅イオンが溶け出すのでボウフラ対策になります。雨水タンクの大きさに合わせて買いましょう。

※記事公開時に上記のように記載してましたが、解説記事のために真剣に調べたら一概に絶対いれたほうが良いとと言い切れないと感じました。お詫びして商品リンクも削除いたします。

検討の詳細については以下の記事をご確認ください。

【参考】雨水タンク ボウフラ対策に銅、効果は? 注意点や使い方を紹介

災害時にあると役立つアイテム

東日本大震災のときは257万戸が断水し、1週間で復旧したのは約57%。1ヶ月で90%程度が復旧したものの、完全に復旧が完了したのは発生から約6ヶ月半かかりました。万が一の備えとしてお役立ちアイテムを紹介していきます。

バケツ(8リットル以上)

停電、断水時にトイレを手動で流すとき、何リットルの水が必要になるでしょう?

正解は6リットルです。6リットルのバケツの場合、外の雨水タンクから室内に運ぶまでにこぼれる可能性も考慮して大きいサイズにするのが正解です。

携帯浄水器

災害時、大きめのタンクなら数日の断水なら耐えられるかもしれません。けど、長期になったときに災害備蓄用の水がなくなったとき飲水もなくなったという事態もありえます。そんなときに備えて、雨水を飲料水に変える浄水器があると、安心度がかなり上がります

私のお勧めは、SAWYERの高機能浄水器。有害物質の除去性能がとてつもなく高く、国連お墨付きの製品です。被災地や難民キャプでも使われているので、安心して水を飲みたい人にはぜひ使っていただきたい逸品です。

防災用ウォータータンク

こちらも災害が長期化したときに念の為あると便利です。断水になってすぐにタンクに水を移して使っていけば、雨水タンクの容量プラス防災用タンクの容量だけ貯められ、貯水量を増やせるからです。

まとめ

  • 本体だけ買っても雨水が取り込めない、設置できないので注意。
  • ホースは使えないのでじょうろは必須。
  • 災害時にもフル活用できる備えは大事。

もし、雨水タンクはあるけど、まだ買っていないものがあったらぜひこの機会に買ってみてはいかがでしょう?

また、コスパの良い雨水タンクTOP5を調べてまとめた記事おしゃれな雨水タンク5選を紹介した記事もあります。どの雨水タンクにするか決まっていない方はご覧いただけたら嬉しいです。

雨水タンクに必要アイテム以外にも設置にかかる費用やボウフラ対策、補助金などについてお役立ち情報をまとめています。雨水タンクに関する疑問を解消する内容ですので、もしよかったら御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました